装置一覧

HOME > 2012年度共用促進講座が8月29日~10月26日にわたり、盛況のうちに実施されました。

2012年度共用促進講座が8月29日~10月26日にわたり、
盛況のうちに実施されました。

共用促進講座は表面分析を上手に依頼する、利用する、使いこなすをテーマに8月29日~10月26日の日程で9回の開催で実施されました。大変盛況で、コース5については10月25日に追加開催いたしました。下記に講座の様子を掲載させていただきます。多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。

コース2 SEM初級の受講風景

コース3 EPMA初級 実習風景

コース4 AES初級の受講風景

コース4 AES初級の実習風景

講座概要

=共用促進講座=
表面分析を上手に依頼する・利用する・使いこなす

対象初級中・上級

日時 8月29日(水)、30日(木)
9月7日(金)、14日(金)、21日(金)、28日(金)
10月19日(金)、25日(木)、26日(金)
いずれのコースも 10:00~16:00
(途中1時間の昼食時間と適宜休息時間をとります。)
内容 講義と操作体験(実習)
目標 「表面分析でこんなことがわかるのか!」ということを実感する。

講習会のご案内

コース
番号
コース名 実施日時 講演・実習内容
1 SEM 初級コース
形態観察
8月29日(水) 走査型電子顕微鏡(SEM)の原理・特徴・構造・観察条件の設定法等を簡単に解説します。操作実習ではお持ちいただいた試料をそれぞれ観察していただきます。
2 SEM 初級コース
元素分析(EDS)
8月30日(木) SEM/EDS(エネルギー分散形元素分析装置)でおこなう元素分析の原理・特徴・えられた結果の解釈についての注意点、より良い分析結果を得るための注意点などを解説します。実習は持参試料の分析をおこないます。)
3 EPMA 初級コース 9月7日(金) EPMAの簡単な原理、装置の構成を説明すると同時に、各分野でEPMAがどのように利用されているかを分析例を紹介しながら説明します。実習は実際の試料を使用し、操作法のデモンストレーションを行います。
4 AES 初級コース 9月14日(金) オージェ分光法(AES法)の原理・特徴・応用分野・装置の構成など基礎的な内容を測定例を交え解説します。FE-AESを使用し試料の分析手順、スペクトルの解析法なども紹介します。
5 SEM 初級コース
結晶解析(EBSD)基礎
9月21日(金)
10月25日(木)
電子後方散乱回折(EBSD)法ではどんな事ができるのか、EBSDパターンの発生原理からEBSD法で得られる情報、簡単な材料組織の解析手法を解説します。また、FE-SEM/EBSDを使用し実際の測定を見学していただきます。
6 EPMA 中・上級コース 9月28日(金) EPMAの各種分析法(定性分析、定量分析、カラーマッピング)と、データの解析法を説明します。操作実習はこれらの分析法の操作法と解析についてデモンストレーションを行います。
7 AES 中・上級コース 10月19日(金) 測定上のノウハウや化学結合状態分析、深さ方向分析、定量分析、スペクトル解析の注意点などについて講義とFE-AESを使用し解説します。
8 SEM 中・上級コース
結晶解析(EBSD)
10月26日(金) EBSD解析ソフトウェア(OIM Analysis)の機能と材料解析例を紹介します。解析ソフトウェア(デモ版)を皆様のラップトップPCにインストールし基本的な解析手順を実習します。)
  • 事業紹介パンフレット
  • 各種書式
  • 名古屋工業大学大型設備基盤センター