お知らせ

HOME > お知らせ一覧 > 文部科学省・先端研究施設共用促進事業 名古屋工業大学・信州大学連携講演会

文部科学省・先端研究施設共用促進事業
名古屋工業大学・信州大学連携講演会

  • 名古屋工業大学「表面分析装置の共同利用による材料開発の高度化」
  • 信州大学「ナノカーボン産業拡大の為のカーボンバレー構築支援事業」

名古屋工業大学は、文部科学省「先端研究施設共用促進事業」において、大型設備基盤センターに設置されている表面分析装置を民間企業等の皆様に広く開放して材料開発の高度化を推進する事業を展開しています。
このたび、より一層の利用の拡大を目指して、同じく材料分野にて事業を推進中の信州大学と講演会を開催いたします。表面分析という手法とナノカーボンという物質に焦点をあてた両大学事業の特色と利用事例をご紹介するとともに、文部科学省および経済産業省によるイノベーション創出に関わる取り組みについてご講演いただきます。皆様方のご参加をお待ち申し上げます。

名古屋工業大学 大型設備基盤センター長 曽我哲夫

日時

平成22年5月17日(月) 13時~16時

場所

名古屋工業大学 講堂会議室

プログラム(敬称 略)

受付時間

13時~

第一部 講演

「名古屋工業大学における科学技術研究と産学官連携」

講演者名

名古屋工業大学 木下隆利 研究担当理事

時間

13時30分~13時50分

「先端研究施設共用促進によるイノベーション創出」

講演者名

文部科学省研究振興局 研究環境・産業連携課 能見 正 新技術革新室長

時間

13時50分~14時10分

「イノベーション創出のための経済産業省の取り組みについて」

講演者名

経済産業省中部経済産業局地域経済部 青木太久美 産業技術課長

時間

14時10分~14時30分

第二部 事業の概要と利用事例

「表面分析装置の共同利用による材料開発の高度化」

講演者名

名古屋工業大学 曽我哲夫
大型設備基盤センター長

時間

14時30分~15時

「ナノカーボン産業拡大の為のカーボンバレー構築支援事業」

講演者名

信州大学 橋本佳男
先端研究施設共用促進事業運営委員長

時間

15時~15時30分

第三部 個別相談および施設見学

時間

15時30分~16時

参加ご希望の皆様へ

5月12日(水)までに、ご氏名、会社名(所属部課)および施設見学希望の有無を、メールあるいはFAXにてお知らせください。なお、当日受付も承ります。

宛先 名古屋工業大学 大型設備基盤センター
先端研究施設共用促進事業
Tel 052-735-7117
Fax 052-735-7117
E-mail hyomen-irc
※アドレスの末尾に「@adm.nitech.ac.jp」を補完してください
URL http://hyomen.web.nitech.ac.jp/
  • 事業紹介パンフレット
  • 各種書式
  • 名古屋工業大学大型設備基盤センター