お知らせ

HOME > お知らせ一覧 > 文部科学省・先端研究施設共用促進事業 名古屋工業大学・信州大学連携講演会を開催いたしました。

文部科学省・先端研究施設共用促進事業
名古屋工業大学・信州大学連携講演会を開催いたしました。

日時 平成22年5月17日(月) 13時~16時
場所 名古屋工業大学 講堂会議室

大型設備基盤センターに設置されている表面分析装置を民間企業等の皆様に広く開放して材料開発の高度化を推進する事業を展開しています。このたび、より一層の利用の拡大を目指して、同じく材料分野にて事業を推進中の信州大学と、「名古屋工業大学・信州大学連携講演会」を開催いたしました。

参加者も当初の予定を超えて、118名の参加があり、県外からの参加者もありました。

講演会の第一部

講演 「名古屋工業大学における科学技術研究と産学官連携」

名古屋工業大学 木下隆利 研究担当理事

講演 「先端研究施設の共用とイノベーション創出」

文部科学省 研究振興局 研究環境・産業連携課 能見正 新技術革新室長

講演 「イノベーション創出のための経済産業省の取り組みについて」

経済産業省 中部経済産業局 地域経済部 青木太久美 産業技術課長

講演会の第二部

講演 「表面分析装置の共同利用による材料開発の高度化」

名古屋工業大学 曽我哲夫 大型設備基盤センター長

講演 「ナノカーボン産業拡大の為のカーボンバレー構築支援事業」

信州大学 橋本佳男 先端研究施設共用促進事業運営委員長
信州大学 伊藤寛明 施設共用技術指導研究員
信州大学 太子敏則 施設共用技術指導研究員

また、講演終了後には施設見学、個別相談会も開催し、活況のうちに終了いたしました。

翌日の18日(火)の中部経済新聞に、本講演会について大きく掲載されました。

開催の様子

文部科学省研究振興局
能見正 新技術革新室長

経済産業省中部経済産業局
青木太久美 産業技術課長

名古屋工業大学
木下隆利 研究担当理事

名古屋工業大学
曽我哲夫 大型設備基盤センター長

信州大学
橋本佳男 先端研究施設共用促進事業運営委員長

施設見学会の様子

  • 事業紹介パンフレット
  • 各種書式
  • 名古屋工業大学大型設備基盤センター