お知らせ

HOME > お知らせ一覧 > 第1回「先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業」 説明会・見学会・技術相談会を開催いたします。(8月26日(月))

第1回「先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業」 説明会・見学会・技術相談会を開催いたします。(8月26日(月))

名古屋工業大学では、平成21年度より文部科学省「先端研究施設共用促進事業」において、大型設備基盤センターに設置されている表面分析装置を民間企業等の皆様に広く開放して材料開発の高度化を推進する事業を展開しています。平成25年度からは、これまでの事業を発展強化して、「先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業」として実施しております。

今年度からは、これまでの6台の最新鋭の表面分析装置(FE-SEM、SPM、FE-EPMA、FE-AES、SIMS、ESCA)に、新たに2台の装置(MALDI-MS、XCT)が加わり、8台の装置がご利用いただけるようになりました。本事業はこれまでの大変多くの企業、機関にご好評をいただいておりますが、今年度よりさらに充実した体制で、新事業の第1回説明会、見学会、技術相談会を開催することと致しました。是非、この機会に皆様にご参加いただきますようお願い申し上げます。

日時

平成25年8月26日(月)13時30分~16時

場所

名古屋工業大学 大型設備基盤センター 22号館 2階 会議室

内容

1.挨拶

講演者名

大型設備基盤センター長 種村眞幸

時間

13時30分~13時35分

2.講演

(1)表面分析をものづくりに活かそう!

講演者名

大型設備基盤センター長 種村眞幸

時間

13時35分~14時5分

(2)本事業の説明

講演者名

共用促進リエゾン 長沼勝義

時間

14時05分~14時10分


(休憩5分)

3.装置見学・装置活用方法説明

講演者名
装置名 講演者
MALDI-MS 大型設備基盤副センター長 大谷肇
XCT 特任教員 杉田修啓
FE-AES 技術職員 藤本靖孝
FE-SEM、FE-EPMA 技術指導研究員 柳原利成、加藤昭実
ESCA 技術指導研究員 鈴木哲雄
時間

14時15分~15時30分


(休憩5分)

4.技術相談会

時間

15時35分~16時

お申込み先

宛先 名古屋工業大学 大型設備基盤センター
先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業
Tel 052-735-7117
Fax 052-735-7117
E-mail hyomen-irc
※アドレスの末尾に「@adm.nitech.ac.jp」を補完してください
URL http://hyomen.web.nitech.ac.jp/

参加ご希望の皆様へ

定員30人 定員に達し次第締め切ります。
参加をご希望の方は会社名・担当部課名・Email・氏名をご記入の上、8月21日(水)までに、お手数ですがメール(hyomen-irc ※アドレスの末尾に「@adm.nitech.ac.jp」を補完してください)かFAX(052-735-7117)にてお知らせください。

  • 事業紹介パンフレット
  • 各種書式
  • 名古屋工業大学大型設備基盤センター